記事一覧

ルクルト・IWC・パテックの大定番をMy定番にする、業界の目利きのお気に入り

日本屈指のヴィンテージウォッチ専門店として人気のケアーズ。東京ミッドタウン店の店長兼バイヤーを務める青木 史さんは、この道20年近いキャリアを持つ目利きだ。

青木さんの所有するコレクションから、3本のMy定番を紹介してもらった。


青木さん愛用の1本は目立つダメージが見当たらない状態を保っている。
「このレベルソは入社して5年目くらいに買ったもので、スーツを着るときはほぼコレばかり着けていましたね。最近は着用する機会はだいぶ減りましたが」。

時計好きなら誰もが知る定番レベルソも、ヴィンテージを選ぶと表情が別物になる。

ちなみにコチラは1930年代初頭に生まれた初期型にあたる。

「ファーストのわかりやすい特徴として挙がるのは、文字盤にモデル名だけが記された2針の時計であることです。ムーブメントは自社製ではなくタバン社の製品を搭載しています。購入してからだいぶ経ちましたが、今見てもとてもいい時計だと思います」。

知識や経験を重ねるほどシンプルな見た目の良さがわかる。そんな味わいもヴィンテージウォッチの醍醐味なのだろう。


青木 史●1976年生まれ、東京都出身。関西のセレクトショップで販売を経験したのち、ケアーズに入社。時計のみならず、古着、家具などヴィンテージ全般に精通する。

定番以上の存在感を放つ旧き佳き時代の「レベルソ」
1本目の登場するのは角型時計の代名詞、ジャガー・ルクルト、レベルソだ。

ポロ競技で着用するために開発された反転ケースは時代を越えて愛され続けている。

【関連記事】​​​​​​​: 人気新作腕時計が発表され、新商品が発売されました。

コメント一覧