記事一覧

ブレスレットが付け替えられてその価値2倍な名門腕時計

KBN(=Keep Being Natural)が、TPOへのオマージュを込めた“気分”を意味する言葉とは前回の記事で紹介済み。今回は、スタイリングや気分に合わせて自分らしく自由に楽しむ腕時計=KBNを楽しむ腕時計をお伝えする。

ブレスレットやストラップを交換することで、異なるスタイルが気軽に楽しめる時計はまさにKBNがアガる時計だが、今回はそんななかでも、カラフルに楽しめる4本を厳選した。

OMEGA
オメガ/シーマスター プロプロフ マスター クロノメーター



チタンケース、縦48×横55mm、自動巻き。122万円/オメガ 03-5952-4400
個性派のダイバーズをよりスタイリッシュに演出
1970年にフランスの潜水会社コメックスと共同開発したシーマスター 600は、600m防水性能のタフネスを左右非対称のケースデザインが象徴する。2009年にプロプロフとして復刻され、防水性能は1200mに向上。

本作ではMETASが制定した検定規準マスター クロノメーターを取得し、軽量かつ頑強なチタン製のケースと“シャークプルーフ”と呼ばれるブレスレットを採用した。ベゼルと同色のスタイリッシュなブルーストラップは街にも映える。

EDOX
エドックス/クロノオフショア1 シャークマンⅡ リミテッドエディション


10月発売予定。SSケース、45mm径、クオーツ。19万5000円/GMインターナショナル 03-5828-9080
鮮やかなオレンジカラーが目を引く街ダイバー
絶滅の危機に瀕するサメの保護活動を通して“シャークマン”とも呼ばれるクリスチャン・レデルは、アイスダイビングのギネス記録を保持するダイバー。彼の過酷な環境下での挑戦を支えるべく、エドックスは最新コラボ作で防水性能を1000mに向上、視認性の高いドットインデックスをシリーズで初めて採用した。

ブラックラバーとオレンジ型押しストラップが付属。裏蓋にはサメとダイバーのモチーフが描かれ、“FACE YOUR FEAR(=恐怖に立ち向かえ)”と刻まれる。

PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ/アクアノート・クロノグラフ Ref.5968A



SSケース、42.2mm幅(10-4時方向)、自動巻き。477万円/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109
より鮮やかに、アクティブになった初のクロノグラフ
アクアノートは、ノーチラスに次ぐスポーツモデルとして1997年に登場、水に強いトロピカルバンドをSSケースに採用した斬新なスタイルが人気の名作だ。新作ではコレクション初のクロノグラフ機構を搭載し、センターのクロノグラフ秒針と6時位置の60分計で積算計時する。

摩擦なく作動する垂直クラッチの採用により、クロノグラフ秒針を常時回転させてセンターセコンドのように用いることも可能。スマートな文字盤と機能を両立する意欲作だ。

120m防水性能はスポ−ツアクティビティにも応え、コンポジット素材になったストラップはより装着感が増した。ブラックストラップに加えて付属する、ダイヤルのアクセントカラーと同色のオレンジストラップは、リラックスしたリゾートスタイルを漂わせる。

HAMILTON
ハミルトン/パン ユーロ



SSケース、42mm幅、自動巻き。12万5000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371
レトロテイストに鮮やかなNATOストラップが映える
1969年に登場したパン ユーロは、滑らかなカーブを描くクッションケースと’70sテイストのデザインが今なお高い人気を誇る。

細部の特徴は、スーパールミノバを施したアプライドインデックスや視認性の高いデイデイト表示で、2011年の復刻後に、80時間のロングパワーリザーブを誇るニュームーブメントH-30を搭載した3針モデルが加わった。

ストラップはブルーダイヤルとカラーコーディネイトしたNATOストラップと中央に凹凸でラインを表現したレザーが付属する。

【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

セイコー「クオーツ アストロン」誕生50周年記念トリビュートモデル

セイコーは、世界初のGPS ソーラーウオッチ「セイコー アストロン」から、世界初のクオーツウオッチ「クオーツ アストロン」の誕生50周年を記念したトリビュートモデルを11月28日(木)より全国および、海外市場において発売する。スーパーコピー時計販売数量は50本、希望小売価格は3,800,000円(税別)である。



初代の意匠を再現し中身を進化させたトリビュートモデル
 「セイコー アストロン」は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ「クオーツ アストロン」から名を受け継いでいる。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に継ぐ、「第二の革命」を起こすべく、2012年9月に誕生した世界初のGPS ソーラーウオッチだ。地球上のどこにいても簡単なボタン操作でGPS衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度の情報を取得することで現在地を特定し、すばやくその場所の正確な時刻を表示する。



クオーツ アストロン誕生から50年の節目を迎えたアニバーサリーイヤーの最後を飾るのは、オリジナルモデルに込められた意志や未来への期待を具現化した意匠をコンセプチャルに再現する特別なモデルとなった。ロレックス デイトナ コピー18K イエローゴールド製のケースは、当時のシルエットを踏襲するだけでなく、オリジナルモデルと同じように熟達した宝飾加工職人の手業による特徴的な荒らし彫り模様が施されている。繊細さと雄々しさを兼ね備えた模様は円環を描き、50年の時を経て初志に立ち返り、新たな未来を切り拓こうとする<セイコー アストロン>の決意を象徴している。

最新キャリバー「3X22」を搭載


「セイコー アストロン」 The 1969 Quartz Astron 50th Anniv ersary Limited Edition
18KYGケース(直径40.9mm)。厚さ(12.8mm)。100m防水。世界限定50本。3,800,000円(税別)
 判読性に優れたシンプルなダイヤルレイアウトに加え、スリムでエレガントな当時のフォルムを再現するため、ムーブメントには世界最薄のGPS ソーラーキャリバーである「3X22」を採用。コンパクトでありながら、アストロンの独自機能である「スーパースマートセンサー」、地球上のどこにいても簡単なボタン操作で素早く現地時刻に修正する「高速タイムゾーン修正機能」などの優れた基本性能を有した、最新のGPS ソーラーウオッチだ。

【関連記事】:千葉県のファッション情報

ボールウォッチからクラシカルなデザインが魅力のダイバーズウォッチが発売

ボールウォッチは、同社が1962年に開発したダイバーズウォッチの復刻モデル「エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ」を2020年2月に発売する。このモデルは、独自の発光システムやサファイアクリスタルを用いたベゼルなど、随所に現代的なアップデートが加えられている。



200m防水に加え、5000Gsもの耐衝撃性を誇る「エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ」。ブルガリ BVLGARI (新品)サファイアクリスタルを表面に使用し、丸みを帯びたベゼルがクラシカルな雰囲気を演出している。ベゼル側面やリューズには、操作性を考慮してローレット加工が施されている。自動巻き(Cal.RR1102)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径42mm、厚さ 14.6mm)。200m防水。21万円(税別)


最新テクノロジーを駆使して復刻された、ボールウォッチの1960’sダイバーズウォッチ
 「エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ」は、同社が1962年に開発したダイバーズウォッチ「BALL スキンダイバー」の復刻版第4弾にあたる。そのため、デザインは当時の面影の残るクラシックなものであるが、外観に反してその細部には、同社ならではの最新テクノロジーがふんだんに盛り込まれている。

 ダイバーズウォッチとして欠かせない、暗所での視認性を確保するため、インデックスと針には同社独自のマイクロ・ガスライトが採用されている。これは純粋なトリチウム・ガスを真空のミネラルガラスのガラス管に密封したものであり、10年以上もの期間に渡って昼夜を問わず常に光を放つ。ベゼルの数字には多くの時計で採用されているスーパールミノバが塗布されている。マイクロ・ガスライトは、優れたシステムではあるものの、その特性上スペースをとってしまう。マイクロ・ガスライトとスーパールミノバを使い分けることにより、復刻モデルとしてのデザインと現行モデルとしての機能性を両立させているのだろう。



インデックスと針にはマイクロ・ガスライトが使用され、ベゼルの数字にはスーパールミノバが使用されている。12時のインデックスのみ発光時の色が異なり、暗所であっても瞬時に時計の上下を見分けることができるよう配慮されている。
 ベゼルの表面はサファイアクリスタルに覆われており、耐傷性が高められている。現代はセラミックなどの傷の付きにくいベゼルが採用されるようになったが、従来はアルミなどの素材が使われることが多かった。そのため、使い込むうちにベゼルに傷が付き、数字の判読性が低下してしまう恐れがあった。本来、潜水時間を計るためのベゼルが機能しなくなることは、ダイバーにとって非常に危険である。そのため、耐傷性を高めることは重要であるが、このモデルではサファイアクリスタルを用いることによって、傷を付きにくくするばかりでなく、ベゼル自体を丸みの帯びた懐かしみのある形状に仕上げている。

 「エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ」は、クラシックなデザインに最新のテクノロジーを融合させることによって実現された、復刻モデルならではの魅力にあふれた一本であると言えるだろう。



オリジナルである、「BALL スキンダイバー」。見比べると、「エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ」では、全体的なデザインを損なうことなく現代的にアップデートされていることが分かる。

【関連記事】:品鑑高級時計

サンプル製品が2都市4カ所を巡回

なお、6月26日(金)よりA.ランゲ&ゾーネは新型「ランゲ1・タイムゾーン」を下記ブティックで店内展示する「サンプル巡回展」を開催する。会期中はサンプル製品を実際に手に取ることが可能だ。また、6月28〜29日は日本橋三越本店で開催中の「ドイツ時計フェア2020」で特別展示を行う予定である。※商談中のため商品を手に取れない時間帯あり



左から18KPG、18KWG、ブティック限定100本の18KYGモデル。筆者が触ったのは18KPGモデルのみ。重心が低くなり、時計がわずかに軽くなった結果、装着感はより軽快になった。
 操作方法は従来のモデルに同じ。10時位置のボタンでアウトサイズデイトの早送りを、8時位置のボタンでローカルタイム(第2時間帯)の表示と、それに連動した都市表示を切り替えられる。また、ホームタイムのみを調整できる同期メカニズムの操作も変わりない。しかし、8時位置のボタンは非常に重く、A.ランゲ&ゾーネらしからぬ操作感だった。もっとも、製品版では改良されているに違いない。

 骨太な前作に対して、細部の洗練が際立つ新しい「ランゲ1・タイムゾーン」。筆者は前作を好むが、時計としての完成度は、当然新作が勝る。しかし、この細やかな手の入れ方は、公式写真だけを比較しても、決して分からないだろう。ご興味のある方は、ぜひ店頭でご確認を(ただし、サンプル製品のプッシュボタンには期待すべきでない)。なお、このモデルについては、『クロノス日本版』9月号(8月3日発売)に掲載予定の同社商品開発ディレクターであるアントニー・デ・ハス氏のインタビュー記事で詳らかにする予定である。



文字盤の拡大写真。メインダイアル(ホームタイム表示)の時分針と文字盤のクリアランスは従来に同じ。しかし、サブダイアル部の彫り込みがはっきりした結果、文字盤の立体感が増している。また、スモールセコンドの針もゴールドに変更されている。
 細部の深化をもう少し述べたい。前作は文字盤外周にある都市表示リングと、文字盤の仕上げがわずかに異なっていた。ほぼ同じだが、光にかざすと下地の違いは分かる。対して新作は、都市表示リングと文字盤の仕上げがほぼ同じになった。加えて、9時位置と5時位置のサブダイアルの彫り込みが明確になり、文字盤の立体感が強調された。ごくわずかな差だが、これらがもたらす変化は小さくない。

 針と文字盤のクリアランスも詰められている。前作は第2時間帯を示す時分針と文字盤に隙間があったが、新作はそれを丁寧に詰めた。そのため、第2時間帯表示を斜めから見た際、サブダイアルから時針が飛び出さなくなった。一見同じだが、微妙に手を加えているのはいかにもA.ランゲ&ゾーネだ。

ブライトリングからブラックマザー・オブ・パール文字盤の「ナビタイマー」日本限定モデルが発売

ブライトリングの名作パイロットウォッチ「ナビタイマー」から、日本限定モデル「ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ブラック マザー オブ パール ジャパンエディション」が登場した。クロノグラフのナビタイマーとして初めてマザー・オブ・パールを文字盤に使用したこのモデルは、レディス向けモデル「ナビタイマー オートマチック 35」とのペアウォッチも楽しめる。



光がゆらめくマザー・オブ・パール文字盤の日本限定モデル。ステンレススティールケースでデイリーウォッチにも最適な1本だ。


航空時計のシンボルとして輝く「ナビタイマー」
 ブライトリングのコレクションの中でも、1952年の誕生以来、航空時計のシンボルとして高い人気を誇るのが「ナビタイマー」だ。世界初の航空計算尺付きクロノグラフであり、パイロットが飛行距離や残燃料量を実際に計算できる機能を有する。もっとも、実生活の中で航空計算尺を使用する機会は少ないが、単なるデザインとしてだけでなく、パイロット協会「AOPA」の公式時計に認定された実績を持つパイロットウォッチであるということに喜びを感じるのではないだろうか。オリジナルから今日のモデルまで、その極めて精密な機能性とスタイルは変わることなく受け継がれている。



9時位置にスモールセコンド、3時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計のクロノグラフ、4時位置にデイト表示。C.O.S.C.(スイス公式クロノメーター検定機関)認定クロノメーター。ブライトリング「ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ブラック マザー オブ パール ジャパンエディション」。自動巻き(Cal.01)。47石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS(直径43mm、厚さ14.22mm)。3気圧防水。114万円(税抜)。


エレガントなマザー・オブ・パール文字盤の日本限定モデル
 どのような状況下でも高精度が求められる、タフなイメージのパイロットウォッチにマザー・オブ・パールの文字盤を合わせたのが、日本限定の「ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ブラック マザー オブ パール ジャパンエディション」だ。クロノグラフのナビタイマーとして、文字盤にマザー・オブ・パールを採用したのは初めてとなる。

 この日本限定モデルは、ブラックマザー・オブ・パールの艶やかなきらめきと計器としての機能性を併せ持つタイムピースである。12時間積算計の外周には、特別なモデルであることを示す「SPECIAL EDITION」の文字が刻まれている。サファイアクリスタルのケースバックからは、ムーブメントを鑑賞することができる。搭載されるムーブメント、キャリバー01を眺めることができる。

 この日本限定モデルと、レディス向けモデル「ナビタイマー オートマチック 35」のマザー・オブ・パールダイアルモデルをあわせれば、パートナーとのペアウォッチとしても楽しむこともできる。



ステンレススティールのケースに、マザー・オブ・パールのダイアルを合わせたレディスモデル。インデックスにはダイヤモンドを使用し、華やかで知的な女性像を演出する。ナビタイマーの初期モデルを踏襲したビーズ装飾のベゼルが印象的だ。ブライトリング「ナビタイマー オートマチック 35」。自動巻き(Cal.17)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径35mm、厚さ9.92mm)。3気圧防水。60万円(税抜)。

【関連記事】:新潟県のファッションブランド情報!